淡路島の走る行政書士 三木秋穂のブログ〜アキホウムRun〜

淡路島の走る行政書士 三木秋穂のブログ〜アキホウムRun〜

40代事業経営者、起業・複数者の許認可法務サポーター

マラソン大会も道路使用許可が必要

京都マラソンにエントリーして、マラソンと神社巡りをセットで楽しもうと考えている淡路島の走る特定行政書士三木秋穂です。

www.kyoto-marathon.com

 

お祭りの時に道路に露店や屋台を出すには、警察で道路の使用許可をもらわなければなりません。

お祭りでだんじりを出す場合にも、同じく道路使用許可が必要です。だんじりの場合、ちょっと特殊なだんじり責任者配置図といって、だんじりのイラストが描かれいて、どの部分に誰を配置するのか名前を記入する図面も必要です(笑)。祭礼団の役員をしている時は、毎年警察署へ提出しにいってましたね。だんじり巡行予定表みたいなのも書きました。

ラソン大会でも許可が必要?

では、マラソン大会でも道路使用許可が必要なのかというと、やはり必要になります。

newspicks.com

判断基準としては、次のような基準があります。
1.スポーツ振興、青少年の健全育成、地域活性化等の公益目的を有するものであること。 
2.道路を使用することについての地域住民、道路利用者等の合意の度合い が十分であると認められること。 
3.路上競技の実施に地方公共団体が関与(主催、共催、後援、支援等)していること。 
4.使用する道路及び交通の状況
ア.原則として、主要幹線道路等、交通量の多い道路又は地域住民の日常生活の基幹となる道路等を使用する ものでないこと。 
イ.競技実施に伴い、順行の交通の通行止め規制が必要となる場合は、規制時間が交通の著しい妨害とならない時間内となるように計画されていること。 
ウ.原則として、競技実施に伴い対向の交通の通行止め規制を実施する必要がないものであること。ただし、やむを得ず対向の交通について通行止め規制が必要となる場合は、規制時間が長時間に及び交通の著しい妨 害とならないように計画されていること。 
5.競技の内容、実施方法等 
ア.実施する日時は、原則として交通量の少ない曜日(日曜日又は祝日)、 時間帯が選定されていること。 
イ.原則として道路に施設を設けるものでないこと。 
ウ.スタート及びゴール地点が、原則として道路外に設定されていること。
エ.コース内の適当な場所に関門を設けるなどして、競技参加者の整理を 行い、競技実施時間が長くならないように計画されていること。 

今までマラソンを走っていてあんまり考えた事はなかったけど、この基準を読んでなるほど納得!

f:id:aki-houmu:20180720114723j:plain

神戸マラソン2017

去年は初めて神戸を走ったけど、来年は念願の京都を走れますように!当選祈願に京都の神社へお参りに行って来よかな(笑)